主婦キャッシング

総量規制対象外ローンとは

2010年に施行された貸金業法改正により、現在の借金総額が年収の三分の一以上になった時点で、それ以上の新規キャッシングが出来なくなりました。また、それと同時に専業主婦に対する取り扱いも規制対象となり、融資を受けるにあたっては夫の承諾書が必要となりました。

なぜこのような規制が敷かれたのかといえば、一部の専業主婦が夫に内緒でキャッシングをした上で、ブランド物や装飾品を買いあさった行為が社会問題となったことに帰結します。そもそも夫に内緒で夫名義でお金を借りる行為自体に問題があるわけで、承諾書の提出は当然のことでしょう。

承諾書はコチラ

レディースローンとは

大手や中堅の消費者金融の多くは、女性向けのレディースローンを取り扱っています。その理由は、女性が顧客が増加したことにあり、金融業者の利用客の半分近くが女性であるといわれています。

かつての貸金業界といえば、顧客の大半が男性で占められていたものです。女性がサラ金店舗に融資の申し込みに行くには、かなりの敷居が高かったのは事実です。しかし、web技術の発達によりスマホやパソコンから申し込めるようになったことで、女性の顧客も徐々に増えていきました。

そういった女性の利用客を獲得すべく、各キャッシング会社は独自の女性向け特典を用意したのがレディースローンの始まりです。たとえば、女性専門のオペレーターを用意したり、専業主婦の独自審査の実施などもレディースローンの専用事項です。

審査のポイント

総量規制対象外とは

総量規制の施行により、自転車操業でお金を借りていた多重債務者や、夫に内緒でキャッシグをしていた専業主婦などに大きな影響が出ました。ただ、これで対象者が救われたのかと言いますと、まったく救われていないのが現実で、対象者の多くは総量規制の対象外となるローンに流れています。

対象外というのは、正規の金融会社ではおまとめローンや銀行ローンが有名ですが、借入件数が4件以上もある多重債務者がそのようなローンの審査に通るはずもなく、実態は闇金融の類です。

闇金融はその名のとおり、違法業者なので総量規制といった法律も関係ありません。関係ない代わりに、法定金利も法外な金利を覚悟しなくてはなりません。取り立て行為は厳しいです。

いくら総量規制対象外といっても、このような違法金融会社からはキャッシングしないほうが無難でしょう。

区切り

即日融資が可能な消費者金融

00
一昔前はキャッシング審査に二日も三日も要していましたが、現在では即日融資が基本です。金融屋も顧客獲得競争に必死なので、審査に時間をかけていたら、他の業者に取られてしまいます。

最短で30分で振り込んでくれる業者もありますし、何度借りても一週間無利息で貸してくれる消費者金融もあります。こういったお得な金融業者を上手に利用することで、余分な金利を支払わずにお金を借りることが可能です。

現在の上限金利は18.0%なので、それ以上の利子をとっている業者は違法業者となります。前述したような闇金融は、多重債務者の足元をみて上限金利より高い利子を要求してきます。彼らは多重債務者のリストをどこからか入手して、ダイレクトメールなどで融資の案内を送ってきます。くれぐれも違法業者からの融資は断るようにして下さい

最終更新日 2019/12/6

キャッシングの極意

専業主婦融資可能サイト

0